ニキビ跡治療とその方法について

ニキビ跡は、大きくわけて3種類あります。
赤味があるニキビ跡は、ニキビの炎症によって
周辺の血流が悪くなったことが原因です。

茶色く色素沈着したニキビ跡は、炎症や紫外線による
肌への刺激が原因です。繰り返し

クレーターは、間違ったニキビケアによって皮膚組織が破壊されて落ち込んだものです。

ニキビ跡治療で大切なのは、炎症への対策と肌のターンオーバーを正常化することです。

ニキビができたら、洗浄を丁寧に行い、ビタミンC誘導体など
肌の修復に有効な成分を配合した製品でケアをします。

皮膚科を受診して、炎症を抑える薬を処方してもらう方法もいいでしょう。

肌のターンオーバーのためには、ピーリングも有効です。近づいて見える

紫外線対策を継続しながら、生活習慣を整えてバランスのよい
食事を心がけ、身体の内側からのケアもします。

クレーター状のニキビ跡治療は、皮膚科や美容皮膚科に
相談することをおすすめします。

ピーリングやコラーゲン造成の促進などの組み合わせで、改善していきます。