皮膚科でできる背中にきびの治療法

背中にきびは長引きやすく、一度治っても繰り返しやすく
自力で治すのは難しい部位のため、皮膚科での
背中にきびの治療では保険適用の範囲内であれば
ビタミン剤や漢方薬、抗生剤などを
処方してもらうことができます。

適用外の治療であれば、ケミカルピーリングが
スタンダードとなっています。程度の問題

ケミカルピーリングは、肌の状態に合わせてピーリング剤の濃度や
成分を選ぶことができます。

皮膚の表面を溶かすことで、毛穴づまりの改善や肌のターンオーバーを
正常化、ニキビ跡の色素沈着や炎症を抑える効果が期待できます。

また、ケミカルピーリング後には、イオン導入を行うことで、
よりすべすべの肌に近づくことができます。日当たり

イオン導入は、肌と導入物質に微弱な電流を流すことで、
有効成分を肌の奥まで浸透させる方法ですが、ケミカルピーリング後に
施術することで、より浸透力を高めることができます。

他にも、レーザー治療により肌を再生させる方法もあります。