皮膚科でもらえる内服薬でニキビ治療を進める

皮膚科のニキビ治療では、内服薬などが使われることになります。
抗生物質の入っている内服薬は、ニキビの原因となる
アクネ菌を除去するために使われています。

赤ニキビはアクネ菌によって炎症を起こしている状態です。
抗生物質にはアクネ菌を抑える作用があるため、
赤ニキビに高い効果を発揮してくれるでしょう。

しかし、白ニキビはアクネ菌が原因ではありませんし、
抗生物質を使っても改善できません。

抗生物質はアクネ菌を除去する効果があるため、
赤ニキビを早く治したい人に最適です。

また、ニキビというのは放置しておくと悪化してしまうことも
ありますが、早めに治療すれば、ニキビ跡になってしまうのを
防ぐことができます。

早めに防ぐ

ちなみに、抗生物質はアクネ菌だけでなく、善玉菌まで
殺菌してしまうため、場合によっては肌の状態が
悪くなってしまうことがあります。

また、長期間使い続けると耐性菌が生まれてしまいます。

耐性菌というのは抗生物質が効かない菌のことであり、
抗生物質はあまり長期間使用しない方が良いでしょう。

耐性菌が発生する期間は人によって異なっています。
どのくらいで発生するのかはよく分かっていませんが、
抗生物質の使用はできるだけ短い期間にした方が良いでしょう。

ニキビはさまざまな原因で発生しますが、ビタミンの不足が
原因となっていることも多いです。

ビタミン不足

赤ニキビは抗生物質によって改善することができますが、
白ニキビや黒ニキビなどはビタミン剤を利用するのがおすすめです。

白ニキビや黒ニキビは初期の段階であり、赤ニキビよりも
すぐに症状が改善されるでしょう。

ニキビ治療の内服薬としてはビタミンB2やビタミンB6、
ビタミンCなどが処方されることが多いです。

これらのビタミンは肌の調子を整えてくれますし、
市販のサプリメントなどより吸収率が高いというメリットもあります。

また、皮膚科のニキビ治療では漢方が使われることも多いです。

漢方はニキビだけではなく、その他の体の不調まで
同時に改善できることがポイントです。

皮膚科でできる背中にきびの治療法

背中にきびは長引きやすく、一度治っても繰り返しやすく
自力で治すのは難しい部位のため、皮膚科での
背中にきびの治療では保険適用の範囲内であれば
ビタミン剤や漢方薬、抗生剤などを
処方してもらうことができます。

長引きやすい

適用外の治療であれば、ケミカルピーリングが
スタンダードとなっています。

ケミカルピーリングは、肌の状態に合わせてピーリング剤の濃度や
成分を選ぶことができます。

皮膚の表面を溶かすことで、毛穴づまりの改善や肌のターンオーバーを
正常化、ニキビ跡の色素沈着や炎症を抑える効果が期待できます。

また、ケミカルピーリング後には、イオン導入を行うことで、
よりすべすべの肌に近づくことができます。

すべすべの肌

イオン導入は、肌と導入物質に微弱な電流を流すことで
有効成分を肌の奥まで浸透させる方法ですが、ケミカルピーリング後に
施術することで、より浸透力を高めることができます。

他にも、レーザー治療により肌を再生させる方法もあります。