ニキビ治療の費用の相場は?

スキンケアや食生活を見直し、睡眠を十分にとっているのにも関わらず、
ニキビが治らないという悩みを抱えている方も多いでしょう。

ニキビは長引けば長引くほど、色素沈着や
クレーターといったニキビ跡になりやすくなります。違いがある

ですので、頑固なニキビは早めにニキビ治療で対処しましょう。

ただ、ニキビ治療と聞くと治療費が心配です。
治療法には色々な種類があり、健康保険が適用される治療法とされない治療法、2種類があります。

できるだけ費用をかけたくないという場合、
健康保険が適用されるニキビ治療を選びましょう。

保険適用内の治療は、面皰圧出や抗生剤、
ビタミン剤の処方が一般的です。

面皰圧出は約1000円程、抗生剤・ビタミン剤にかかる費用は
約2000円前後が相場です。同様に

より審美性の高い治療を希望する場合、ケミカルピーリングやイオン導入、レーザーによる治療がおすすめとなっています。

これらの美容医療は保険が適用されないので
1回につき約5000円程が平均的な費用です。

思春期ニキビの再発を防ぐニキビ治療法

思春期ニキビとは10代にできるニキビのことを言います。
この時期は第二次成長期による男性ホルモンの影響で皮脂が大量に分泌され、
それが毛穴に詰まり細菌が繁殖して炎症することでできます。

主に皮脂が分泌されやすいおでこや鼻にできますが、
その他の部位にもできることがあります。人工的

第二次成長期が終われば皮脂の分泌量も下がりますが、
そのまま放置しておくとニキビ跡が残ってしまう恐れがありますので、
正しいニキビ治療を行う必要があります。

思春期ニキビは成長の過程でできるため、残念ながら
有効なニキビ治療はありません。

しかしながらきちんとニキビ治療を行うことで悪化を防いだり、
再発しにくい肌環境を作ることができますので
諦めずに取り組みましょう。目立ってくる

まず改善すべき点は洗顔です。
洗う回数は朝と晩の2回にして、洗顔料をしっかり泡立てて
泡を肌に滑らせるような感覚で優しく洗いましょう。

洗顔後は保湿ケアを忘れずに行ってください。
また、睡眠不足が続くと肌の代謝力が落ちますので、
夜更かしは避けて規則正しい生活を送れるように心がけましょう。

そして食事も重要です。
バランスの良い食事はもちろんのことニキビ治療に効果のある
ビタミン系が含まれた食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

ニキビ治療で抗生物質を使用する期間について

皮膚科で受けられるニキビ治療として、抗生物質の処方は最もポピュラーです。
ニキビが出来る原因は色々とありますが、皮膚にいるアクネ菌という常在菌が、
増殖する事が要因となるケースがあります。

アクネ菌は毛穴の中に住み着いている菌で、皮脂をエサとしています。
皮脂分泌が増えるとアクネ菌が毛穴の中で増え、ニキビができやすい状態となるのです。

ニキビ治療ではまず、増えすぎたアクネ菌を抑える為、抗生物質を処方します。
外用薬と内服薬の2種類があり、どちらでニキビ治療を行うかはニキビの症状や、医師の判断で変わります。部分によって

外用薬での治療の場合、3か月程度の期間、治療するのが目安のようです。
外側から抗生剤を届けるので、効果を発揮するまでには時間がかかります。訪れる

一方、内服薬はというと体の中に抗生剤の成分が入るので、外用薬より効き目は絶大です。
ただ、抗生剤は長く服用すると、菌に耐性がつく恐れがあるので、1週間から2週間ほど服用を続けたら、
1度医師に相談しましょう。