皮膚科でもらえる内服薬でニキビ治療を進める

皮膚科のニキビ治療では、内服薬などが使われることになります。
抗生物質の入っている内服薬は、ニキビの原因となる
アクネ菌を除去するために使われています。

赤ニキビはアクネ菌によって炎症を起こしている状態です。
抗生物質にはアクネ菌を抑える作用があるため、
赤ニキビに高い効果を発揮してくれるでしょう。

しかし、白ニキビはアクネ菌が原因ではありませんし、
抗生物質を使っても改善できません。

抗生物質はアクネ菌を除去する効果があるため、
赤ニキビを早く治したい人に最適です。

また、ニキビというのは放置しておくと悪化してしまうことも
ありますが、早めに治療すれば、ニキビ跡になってしまうのを
防ぐことができます。

早めに防ぐ

ちなみに、抗生物質はアクネ菌だけでなく、善玉菌まで
殺菌してしまうため、場合によっては肌の状態が
悪くなってしまうことがあります。

また、長期間使い続けると耐性菌が生まれてしまいます。

耐性菌というのは抗生物質が効かない菌のことであり、
抗生物質はあまり長期間使用しない方が良いでしょう。

耐性菌が発生する期間は人によって異なっています。
どのくらいで発生するのかはよく分かっていませんが、
抗生物質の使用はできるだけ短い期間にした方が良いでしょう。

ニキビはさまざまな原因で発生しますが、ビタミンの不足が
原因となっていることも多いです。

ビタミン不足

赤ニキビは抗生物質によって改善することができますが、
白ニキビや黒ニキビなどはビタミン剤を利用するのがおすすめです。

白ニキビや黒ニキビは初期の段階であり、赤ニキビよりも
すぐに症状が改善されるでしょう。

ニキビ治療の内服薬としてはビタミンB2やビタミンB6、
ビタミンCなどが処方されることが多いです。

これらのビタミンは肌の調子を整えてくれますし、
市販のサプリメントなどより吸収率が高いというメリットもあります。

また、皮膚科のニキビ治療では漢方が使われることも多いです。

漢方はニキビだけではなく、その他の体の不調まで
同時に改善できることがポイントです。

背中ニキビの改善に有効なケミカルピーリング

肌の悩みは人それぞれに違いますが、
背中にニキビができやすいという方も多いのではないでしょうか。

実は顔だけでなく、背中もできやすい部分だと言われています。
背中は顔同様、皮脂分泌が活発です。
ニキビの原因となるアクネ菌は、皮脂をエサとするので、
皮脂が多い場所はできやすくなっています。

見落としがち

また角質が厚くもなりやすく、毛穴を塞いでしまう事で、
よりニキビができやすいのです。

背中のニキビの解消に有効と言われているのが、
ケミカルピーリングという美容医療です。

この美容医療は、角質を取り除く特殊な薬剤を肌に塗り、
施術を行います。

ケミカルピーリングを行う事で、古い角質が取り除かれ
毛穴の詰りを解消できますし、皮脂分泌のバランスを
整える効果もあるため、ニキビの改善にお勧めの
治療法となっています。

改善がお勧め

レーザーでのニキビ跡治療に痛みはある?

ニキビ跡は、スキンケア化粧品を使っても
なかなかキレイに消す事は出来ません。

それで最近は、肌細胞が生まれ変わる美容皮膚科の
レーザー治療が人気となっています。

治療にもいくつかあり、皮膚に小さな穴を開けて
細胞の入れ替えを行う方法が一般的です。

細胞を入れ替える

0、1ミリ程度の小さな穴を開けていくわけですが、
穴を開けてもそれほど痛みは感じません。

今の美容皮膚科は最先端の機器を取り入れており、
ダメージを抑えているので、レーザーを照射しても
刺激を感じる程度です。

また、ニキビ跡の治療は種類にもよりますが、1回3万円ほどで
頬や口元、おでこなど治療する部分によっても異なります。

部位ごとに違う

大体、1ヶ月に1回の治療で4~5回通うとニキビ跡も
目立たなくなり、肌のキメが整ってくるのが分かります。

レーザーを使った治療はおおまかに4種類ほどあり、
それぞれ料金に違いがありますし、どの治療を選んだらいいのか
分からないと思いますが、カウンセリングで相談しながら
決められるので安心して治療を受けられます。