赤ニキビのニキビ治療で即効性がある方法は?

ニキビ治療で、赤ニキビには皮膚の毛穴の詰まりを取ってくれる
ディフェリンゲルが効果的です。

効果があるということは多少の刺激もあるのですが、
しばらく使い続けているうちに気にならなくなるケースが
ほとんどですので、使い続けるのをお勧めします。

赤ニキビは、炎症がひどくなっている状態ですので
内服の抗生物質も効果が期待できます。

アクネ菌が繁殖しすぎると、ニキビが増えたり赤く炎症を起こすことが
ありますが、ニキビ治療では先述のゲル状の塗り薬に加えて
ニキビ治療用に抗生物質の内服薬が処方されます。

処方される

即効性という意味では、ニキビには正解が無いのが実情です。
肌にはターンオーバーがあり、約一か月サイクルでこれを繰り返しています。

一日で炎症がひくという治療法は確立されていないため、
保険診療でなおらないケースも少なくありません。

赤く炎症を起こした赤ニキビは、一刻も早くそれを鎮静化させる必要があります。

そういう意味では、抗生物質を含んだ塗り薬も、雑菌の繁殖を防ぐためには有効です。

ニキビ治療において、早期に受診を推奨されるのは放置すると
化膿がすすみ、膿が出てクレーター状の跡が残ることがあるためです。

クレーター状になったものは、ピーリングやレーザーで治療することは
難しいものもあります。

その場合は、スキングラフトと呼ばれる移植手術をすることで
きれいになりますが、そうならないためにも日ごろのお手入れが重要です。

日頃のお手入れ

この手術は、重度のニキビ跡の場合に行われますが、一般的には
美容医療で使われるマシンを照射するといったものが多いです。

ニキビ治療を早期にきちんと行っておくことで、重度のクレーターや
跡を残さずに済みますので、時間や費用を節約することができます。

ニキビ治療で、赤ニキビは最も治療が難しい部類で特効薬は
現在のところ開発されていません。

又、人や症例によっても効果がある薬が異なりますし、
アレルギーなども考慮して使う必要があります。

理想的なのは、赤ニキビになる前に鎮静化させることで、
そのためには日ごろからのスキンケアや栄養バランスが需要となります。

ストレスは活性酸素を増やし、ニキビが悪化することがありますので注意が必要です。

ストレスを防ぎ、睡眠や食事をバランスよくとって清潔にすることは、
ニキビを悪化さえないために効果があります。

ひどい跡が残ると、完全に元に戻すことはできなくなりますので、
まずはニキビを作らないようにしましょう。